当ページはアフィリエイト広告を利用しています

【大和ハウスの平屋】価格、間取り・坪数の実例【20坪・30坪・40坪】

ハウスメーカー

「大和ハウスの平屋の価格はいくらくらいなんだろう?」
「平屋の間取り・坪数によって価格はどれくらい変わるんだろう?」

日本屈指のハウスメーカー「大和ハウス」で平屋を建てようと検討している方は多くいると思いますが、まず気になるのは予算の話。

そこで今回の記事では、大和ハウスの平屋における坪単価や価格、平屋住宅の商品の詳細について徹底解説します。

大和ハウスのライバルメーカーも紹介していますので、納得の平屋住宅づくりの役に立てると幸いです。

大和ハウスの平屋の坪単価は?

大和ハウスの平屋の坪単価は、75~110万円が目安。

なお、実際の坪単価は、大和ハウスの住まいを建てる地域や担当する店舗によって異なり、価格帯には大きな幅があります。

また、一般的に同じ坪数でも二階建て以上住宅と比較し、平屋は坪単価が高くなりやすいです。

たとえば同じ50坪の広さが必要となる住宅を建てる場合、二階建て住宅は1階部分25坪+2階部分25坪ですが、平屋は1階部分のみで50坪となるためです。

平屋は単純計算で二階建て以上住宅よりも、基礎面積が二倍以上、屋根も大きくなるため、その分坪単価も高くなりやすいことを覚えておきましょう。

大和ハウスの平屋で20坪・30坪・40坪の価格(相場)

大和ハウスの平屋の坪単価は、商品によっても異なります。

そこで平屋の主力商品である「xevoΣ 平屋暮らし(ジーヴォシグマ)」の坪単価90~100万円(平均95万円)をもとに、20~40坪までの価格相場を算出しました。

坪数価格(坪単価から算出)
20坪1,900万円
25坪2,375万円
30坪2,850万円
35坪3,325万円
40坪3,800万円

大和ハウスの平屋が建てられる商品ラインナップ

大和ハウスで平屋が建てられる商品ラインナップは、以下の3つです。

  • xevoΣ 平屋暮らし
  • xevoGranWood 平屋暮らし
  • Lifegenic

大和ハウスの平屋が建てられる商品において、それぞれの特長を紹介します。

鉄骨住宅「xevoΣ 平屋暮らし(ジーヴォシグマ)」

「xevoΣ 平屋暮らし(ジーヴォシグマ)」とは、大和ハウスの主力鉄骨住宅「xevoΣ(ジーヴォシグマ)」の平屋間取りに特化した商品です。

ジーヴォシグマの持つ間取りの自由度の高さに加えて、天井高2m72cmの開放感のある住空間が平屋でも実現します。

柱の少ない住宅構造のため、間取りの変更もしやすく、ライフスタイルの変化などによるリフォームにも対応しやすいのが魅力です。

独自のエネルギー吸収型耐力壁「D-NΣQST(ディーネクスト)」による地震への強さや、外からの熱や冷気を遮断し高い断熱性を発揮する「外張り断熱通気外壁」などの大和ハウスのテクノロジーも集約されています。

xevoΣ 平屋暮らしでは、平屋ならではの大きな屋根を活かした変化のある屋根のデザインやテラスなどのバリエーションも豊富。

大きな開口を取り入れることで、光をたっぷり取り入れられる内装も実現します。

木造住宅「xevoGranWood 平屋暮らし(ジーヴォ グランウッド)」

「xevoGranWood 平屋暮らし(ジーヴォ グランウッド)とは、大和ハウスのオール国産木材の家「GranWood」の木造住宅のテクノロジーが詰まった平屋商品です。

安定した強度を発揮する集成材や大和ハウス独自の接合金物の採用、壁や床、屋根の面剛性といった大和ハウスのテクノロジーを導入していることに加えて、邸別構造解析を実施。

万が一の地震の際に発揮する、高い耐震性能を備えています。

元々断熱性能の高い木材を使うことに加えて、柱の外側から外からの熱を跳ね返す「遮熱断熱技術」を搭載。

さらにアルゴンガス入り日射遮蔽型複層ガラスを窓に採用するなどさまざまな高気密・高断熱の工夫を住宅の要所に取り入れることで、長期優良住宅断熱等性能等級5(ZEH基準)を標準でクリアしています。

オプションにて、断熱等性能等級6・7への対応も可能です。

Web限定「Lifegenic(ライフジェニック)※Web販売終了

「Lifegenic(ライフジェニック)」とは、Web申し込み限定の規格住宅です。

2024年1月12日をもって、LifegenicのWeb販売は終了となりました。

間取りの制限はかかるものの、自由設計の商品と比較すると価格が安めとなっているのが特長でした。

大和ハウスの平屋の特長

大和ハウスの平屋には、ほかのハウスメーカーにはない特長があります。

大和ハウスの平屋住宅ならではの特長を順に解説します。

鉄骨と木造の両方が選べる

大和ハウスは、自由設計の主力商品として鉄骨住宅シリーズの「xevo Σ」と、木造住宅シリーズの「GranWood」シリーズを展開しています。

平屋住宅でも、鉄骨と木造いずれかを選んで建てることが可能です。

住宅工期を短くしたい、デザイン性の高い住宅を実現したいなら鉄骨、防火の法令が厳しいエリアに建てたいときや費用面を重視したいときには木造といったように、重視したいポイントに応じて商品を選べます。

設計の自由度が高い

大和ハウスの自由設計の住まいづくりは、住まいの専門家チーム「Team-xevo(チームジーヴォ)」とともに進めていきます。

建築士、コーディネーター、施工技術者などの専門家がチームとなり、住まいづくりのサポートを行います。

さらに鉄筋、木造それぞれの構造特性を活かした間取りや住まいを丁寧なヒアリングを元に提案してもらえます。

住宅の基本性能が高い

大和ハウスの平屋住宅には、大和ハウスの持つ高い住宅性能が搭載されています。

たとえば鉄骨、木造住宅いずれにも耐震性・耐久性・快適性の高い住宅性能と、柱を少なくした構造による大開口と大空間の実現が可能です。

引き渡し後、1・12・24カ月、以降5年ごとの無料点検と診断を実施する60年長期保証(構造・防水)や、30年目と45年目の有料メンテナンス工事を実施すると、15年ごとに保証が延長となる初期保証30年などの保証も充実しています。

大和ハウスの平屋で後悔しないために知っておきたいこと

平屋を建てて住んでから「こんなはずじゃなかった」と後悔してしまうことがあります。

大和ハウスの平屋住宅づくりで覚えておきたい、後悔しないためのポイントを順に解説します。

平屋は鉄骨と木造どっちがオススメ?

大和ハウスでは、平屋は鉄骨・木造いずれでも建てることができますが、それぞれの強みがあります。

鉄骨と木造住宅それぞれのメリットをまとめました。

メリット
鉄骨耐久性が高いリフォームしやすい
3階以上の建物も作りやすい
せり出したデザインが可能
工期が木造よりも短い
木造高断熱の構造にしやすい
価格を抑えられる
間取りの自由度がより高い
防火省令の厳しいエリアにも建てられる

鉄骨のせり出したデザインや3階以上の建物が建てられる、といったメリットは残念ながら平屋では活かせません。

そのため、総合的に考えると平屋は鉄骨よりも木造住宅の方がメリットが活かせそうと言えます。

ただし、大和ハウスでは鉄骨でも高断熱構造になっているなど、鉄骨・木造それぞれで高品質の住宅づくりが可能です。

鉄骨と木造どちらにすべきか迷っているときには、住まいの専門家チーム「Team-xevo」に相談してみましょう。

平屋の吹き抜けは、家が寒い原因になる?

平屋の住宅に吹き抜けを作ると、天井が高くなる分開放感のある住空間が実現します。

ほかにも2階のない平屋でもロフトやスキップフロアといった縦の空間を設けられる、採光を取りやすくなるといったメリットも得られるでしょう。

しかし、平屋の吹き抜けを作ることで冷暖房効率が悪くなり、家が寒くなることがあります。

ただし、家の断熱性や気密性をしっかり確保することで、吹き抜けのデメリット対策は可能です。

大和ハウスの鉄骨・木造住宅ともに標準仕様で長期優良住宅断熱等性能等級5(ZEH基準)をクリアしています。

さらに木造住宅なら、その上の等級である6や7相当の高気密・高断熱の住宅づくりも可能です。

平屋で吹き抜けを設けたいときには、断熱性や気密性を確保することで開放感のある空間と一年を通じて快適に過ごせる環境が両立できます。

予算が低すぎると不満の多い家になる?

結論から言えば、予算が低すぎると住んでから不満が多い家になります。

予算に限りがあると、こだわりたい間取りやオプション、仕様が実現できないこともあるでしょう。

さらに、平屋は二階建て以上よりも基礎面積が広いことで、予算が低いと狭い家となってしまうことも多いと言えます。

平屋の予算はどれくらいが適正価格なの?

平屋は基礎面積の広さから、2,000万円台ではやや不満のある家づくりとなってしまう可能性があります。

目安としては3,000万〜4,000万円以上の予算を検討しておくと良いでしょう。

こだわりが強いと料金は青天井になっていくことも

平屋住宅は予算が低いと不満が多くなってしまう一方、予算は限りなくかけてしまうこともできます。

特に間取りや仕様で自分のこだわりをすべて取り入れようとすると、気が付くと予算オーバーとなってしまう場合も少なくありません。

最低限こだわりたい部分の優先順位を付けるなどして、予算との兼ね合いを見ながら住まいづくりを計画することをおすすめします。

大和ハウス以外の平屋が建てられるライバルハウスメーカー

大和ハウスのほかにも、平屋住宅を取り扱っているハウスメーカーは多くあります。

大和ハウスのほかのハウスメーカーも気になる人のために、平屋住宅を建てる際にほかにも選択肢となる、ライバルのハウスメーカーを紹介します。

積水ハウス

積水ハウスでは、注文住宅で平屋を取り扱っています。

家事動線を楽にしたい、子どもが走り回れる家にしたいなど、具体的な希望や要望に沿った平屋の事例が豊富。

玄関土間、造作カウンター、ウッドデッキなど住まいの設備や収納などにこだわりたい人にも向いている平屋住宅づくりが実現します。

セキスイハイム

セキスイハイムでは、ライフスタイルに合わせて選べる平屋住宅を幅広く展開しています。

たとえば移動がシンプル、家族のコミュニケーションが取りやすいといった従来の平屋のメリットに加えて、リモートワークスペースなどの新しい生活様式にも対応した「ステイ&ワークモデル」。

子どもがのびのびと育つ工夫が多くつまった子育て世帯向けの「そだちの家」。

工夫によって庭を取りにくいときに庭のようなスペースを設けられる「1.5階の家」などのラインナップがあります。

パナソニックホームズ

パナソニックホームズでは、テクノストラクチャーの平屋住宅「HIRAYA」を展開しています。

木と鉄の複合梁「テクノビーム」や接合部のオリジナル金具の採用、緻密な構造計算を行うことで実現する科学的根拠のある構造設計など、地震への強さや耐久性を発揮する機能を搭載。

寝室横のウォークインクローゼット、玄関の土間収納、ドレッサーや趣味スペースとして活用できるミセスコーナーなど、生活が便利になる収納や間取りが充実しています。

モダン、コートハウスタイプといった、外観でも個性的な平屋づくりも可能です。

一条工務店

一条工務店では、外壁タイルが標準仕様のメンテナンス性と外観の美しさを両立させた平屋づくりが実現します。

一般的な断熱材であるグラスウォールの約2倍の断熱性を持つ高品質なウレタンフォームの採用、窓からの冷気や熱を遮断する高断熱樹脂サッシ、快適な室温を保ちながら空気をきれいにする全館換気システム「ロスガード90」などを搭載した、業界トップクラスの断熱性能も発揮。

冷暖房効率が悪くなりがちな平屋住宅でも、一年を通じて快適に過ごせる住まいづくりが実現できます。

住友林業

住友林業では、心地よい木のぬくもりを感じられる木造住宅の平屋「GRAND LIFE」を展開しています。

セカンドリビングや趣味のスペース、収納としても活用できる1.5階のスペース「プラスカイ」など、平屋での暮らしの幅を広げる間取りなども豊富。

平屋の短い生活動線を活かしたこだわりのインテリアのある住まいや、理想の外観を実現した住まいなど、幅広い平屋住宅の事例があります。

ミサワホーム

ミサワホームでは、ライフスタイルや特長に合わせて選べる、個性的な平屋住宅の商品を幅広く取り扱っています。

未来基準の「センチュリーモノコック構法」を採用し、大空間、大開口、高天井を設けた開放感のある「シーズンリビング」を設計するなど、新しい技術や空間を多く取り入れた「CENTURY Stylepro」をはじめ、4つのスペースを円状につなげた「サークルリンク設計」にスキップフロアで内外を結ぶ「スキップリンク設計」を採用した「Granlink HIRAYA」、プロの知恵と工夫を豊富に導入した「SMART STYLE「A」」などの商品がそろっています。

まだ家は建てるな!家づくりの順番を間違えて500万円損するところだった話

家康くん
家康くん

家づくりの記事を熱心に読んでくれてる人にだけ教えてあげたいことがあってさ。

建太郎
建太郎

なんでしょう?

家康くん
家康くん

2年前に注文住宅を買ったウチの姉ちゃんが家づくりの順番を間違えて500万円損するところだった」って言ってたんだよね(※実話です)。

建太郎
建太郎

500万円の損失は痛いですね。

 

平均的な年収で1年働かないと得られない金額ですからね。

家康くん
家康くん

たしかに家づくりってトータルで何千万円の買い物だから、実際に「高級車1台分の失敗もある」って聞くと恐ろしくてさ。

建太郎
建太郎

逆に言うと、「家づくりの正しい手順」「家づくりに役立つ制度」の2つさえ押さえておけば、失敗確率はゼロに近づけられますからね。

 

熱心にこの記事を読んでくださってる方には、家づくりで失敗してほしくないですね。

家康くん
家康くん

ウチの姉ちゃんは、契約直前に失敗に気づいてイチからやり直せたからよかったけどさ、気づかなかったら……

建太郎
建太郎

一年分の収入を失ってましたよね。

家康くん
家康くん

ほんと恐ろしいよな……

 

まあともかく、俺が本当に伝えたいのは、別記事「家づくりの順番を間違えて500万円損するところだった」だけはマジで読んでおいてほしいってことだから。

建太郎
建太郎

僕もこれから読みますね

家康くん
家康くん

お前、読んでなかったのかよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました