当ページはアフィリエイト広告を利用しています

【アイダ設計の平屋】価格が888万円って本当?間取りは?【20坪・30坪の実例】

ハウスメーカー

「アイダ設計で888万円の家が建てられるらしいけど、平屋でも888万円でいけるのかな?」
「ちょうどいい品質でコスパ良く平屋を建てたいからアイダ設計が良いなあと思うけど、実際のところいくらになるんだろう?」

『正直価格』『良い家は高いを覆す』でおなじみのアイダ設計ですが、そんなアイダ設計で平屋の家を建てようか検討している方は多いことと思います。

そこで今回の記事では、アイダ設計の平屋について実際の坪単価(価格)からマニアックな知識まで徹底解説していきます。

アイダ設計の平屋で888万円?!

アイダ設計では「888万円の家」を発売していますが、平屋住宅ではありません。

888万円の家は、アイダ設計の規格住宅「BRAVO minimal plus」の2階建て24坪3LDKのプランとして提供されています。

限られた間取りプランではありますが、建物本体価格888万円(税込)といった低価格での住まいづくりが実現します。

アイダ設計で888万円の平屋づくりは実現できませんが、予算重視で住まいづくりを検討しているときには、888万円の住まいも選択肢になります。

アイダ設計「888万円の家」BRAVO minimal plusとは

「BRAVO minimal plus」は、アイダ設計の規格住宅です。

従来の規格住宅商品「BRAVO minimal」に、提案時の要望として多くあげられる「シャッター・収納・2階トイレ」をあらかじめ追加したプランとなっています。

間取りを限定することで、建築費や図面などの制作資料の削減、設計工程を短縮。

低価格に加えてアイダ設計が積み上げてきた実績を活かし、高品質の住まいを実現できるコストパフォーマンスの高いプランとなっています。

なお、建物本体価格には、以下の費用は含まれません。

  • 建築確認申請等建築にかかる申請費
  • 地盤調査費
  • 現場管理費
  • 仮設管理費
  • 外構工事
  • 屋外給排水工事
  • その他諸費用

また、住まいを建てる地域によっては、追加費用やプランの変更が発生する場合もあることを覚えておきましょう。

アイダ設計の平屋の坪単価(価格)は?

アイダ設計の平屋における坪単価の目安としては50万円ほどになります。

ちなみに、アイダ設計全体の坪単価の相場は30万円~65万円です。

平屋の坪単価はなぜ高い?

一般的に同じ面積の住宅を建てる場合、平屋と2階建てでは平屋の方が高くなる傾向にあります。

平屋の方が2階分の広い面積が必要となるほか、屋根や基礎に必要となる建材の量が多くなるためです。

そのため、アイダ設計でも2階建て住宅よりも平屋の坪単価の方が高めとなっています。

アイダ設計の平屋で20坪・30坪・40坪の家はいくらくらいになる?

アイダ設計の平屋の坪単価50万円を目安に、20坪・30坪・40坪の価格を算出しました。

坪数価格(坪単価から算出)
20坪1000万円
30坪1500万円
40坪2000万円

アイダ設計の平屋は40坪でも本体価格2000万円が目安となるため、価格を抑えての住まいづくりが実現します。

ただし、坪単価から算出できるのはあくまで本体価格のみです。

前述通り、地盤調査費や外構工事といった建物以外にかかる費用や、その他諸経費は別途派生することを覚えておきましょう。

アイダ設計の平屋で最安の実例は555万円?

アイダ設計では、かつて「555万円の家」を提供していました。

555万円の家は、先ほど紹介した「888万円の家」BRAVO minimal plusと同じく、本体価格555万円で住まいが実現する商品プランです。

555万円の家は規格住宅で、間取りはLDKスペースに寝室がついた、1LDKとなっています。

555万円の家は現在販売されていませんが、夫婦ふたり暮らしやシニア世代の方の住まいが価格を抑えながら実現する商品でした。

アイダ設計の平屋が建てられる商品ラインナップ

アイダ設計では、平屋が建てられる商品を展開しています。

アイダ設計の平屋が建てられる商品について特長とともに順に解説します。

ブラーボ ミニマル

「ブラーボ ミニマル」は、シンプルさと機能性を重視した規格住宅です。

無駄をなくした効率的な収納や必要な家具だけを配置することで住まいの洗練されたデザインと広い空間を実現しました。

間取りのプランは四角形のシンプルデザインをベースに、敷地面積に合わせたさまざまなラインナップがそろっています。

ブラーボミニマルの住宅設備は以下の通りです。

場所設備特徴
システムキッチンスライド収納奥のものも取り出しやすい
レンジフードスタイリッシュなデザイン
凹凸が少ないため油がつきにくく、お手入れが楽
浄水器内蔵型水栓浄水、原水、シャワーにスムーズに切り替え
ホーロートップ3口コンロ同時調理ができる
傷に強い
人工大理石ワークトップ高級感のある質感
熱に強い
システムバスルーム浴室暖房換気乾燥機涼風、暖房、換気、乾燥機能付き
カビの発生を防げる
サーモバスS長時間浴槽のお湯が冷めにくい
スイッチ式エコアクアシャワー節水性能が高い
エコベンチ浴槽半身浴ができるベンチ付き

断熱性や耐震性を高めるための設備も豊富にそろっています。

外気からの温度の影響を受けやすい窓には、「アルゴンガス入りLow-E複層ガラス」を採用。

複層ガラスの内部に特殊な金属膜をコーティングし、高い断熱性能と日射遮蔽、電磁波抑制性能を搭載。

耐震性の強化

住まいの耐震性を強化するために、専用の接合金物を使って柱や梁を強固に固定することで、構造躯体の抜けを防止します。

柱と梁の対角線状に筋交いを加えることで、地震や暴風などからの横の力(水平力)に耐えて、建物の変形を防ぎます。

オープンテラスのある平屋 プラス

「オープンテラスのある平屋 プラス」はワンフロアで生活動線や家事動線が簡潔する平屋のメリットに加え、開放的なリビング空間とオープンテラスを実現した住まいです。

リビングの一部に、天井の傾斜を利用した勾配天井を設置し、明るく開放的なリビング空間を設けました。

また、リビングと外をつなぐフルオープンサッシとテラスは、多目的のアウトドアリビングとして活用できます。

オープンテラスのある平屋 プラスは、住宅性能を高めるさまざまな設備も搭載されています。

防災安全複層ガラス

窓には、「防災安全複層ガラス」を設置。

強度と柔軟性の高い中間膜をガラスの間に挟んで、加熱および圧着加工がほどこされています。

単板ガラスよりも破壊されにくく、高い防犯性能を発揮します。

耐力面材MDF

土台や柱、横架材には「耐力面材MDF」によって一体化。

住まい全体がひとつの箱となる構造を採用することで、地震や強風のエネルギーを壁面で受け止める、高い耐震性や耐風性を備えています。

グラスウール

断熱材にはガラスが原材料のグラスウールを採用。

断熱性能、吸音性能にすぐれているほか、不燃材のため火事が発生しても延焼や類焼を防ぎます。

太陽光発電システム+蓄電池

また、初期費用0円で搭載できる「リース型太陽光発電システム+蓄電池」も用意。

太陽光による発電と、発電した電力を貯めて置ける蓄電池をセットで使用できます。

貯めた電気は好きなときに使用できるため、夜間や非常用電源としても活用できます。

キッチン、バスルーム

水回りには以下の機能が搭載されています。

場所設備特徴
システムキッチン(クリナップKTシリーズ)食器洗い乾燥機(電池式)上面レイアウトの操作ボタン
節水効果が高い
レンジフードスタイリッシュなデザイン
凹凸が少ないため油がつきにくく、お手入れが楽
システムバスルーム浴室暖房換気乾燥機涼風、暖房、換気、乾燥機能付き
カビの発生を防げる
高断熱浴槽長時間浴槽のお湯が冷めにくい

ブラーボ ウノ

「ブラーボ ウノ」はひとり暮らしのための住まいづくりができる商品プランです。

愛車を中心に生活できるガレージ、自宅でレッスンや教室を開くための間取りなど、趣味や仕事といった重視したいポイントに合わせた生活が実現できます。

また、自宅に住み続けながら、自宅を担保に融資を受けられる、「リバースモーゲージ型住宅ローン」の提案も受けられます。

「住宅購入をしたいけど、老後資金や返済が心配……」という方向けの融資制度が用意されています。

999万円の家

「999万円の家」は、高品質かつ自由設計の住まいを「999万円」というローコストで実現できる商品プランです。

一括仕入れや専門部署によるトータル管理を導入することで、コストを抑えつつも快適に暮らせる住宅を実現しました。

999万円の家の水回りの設備は、「ブラーボ ミニマル」とほぼ同じです。

ただし、システムバスの「エコベンチ浴槽」はなくなり、ワンアクションで折りたたみや取り外しができる「まる洗いカウンター」が設置されています。

アイダ設計の平屋の特長

アイダ設計は、住まいにおいてさまざまな工夫をすることでコストダウンをはかり、品質の高い平屋づくりを行っています。

アイダ設計の平屋の特長について解説します。

『正直価格』

アイダ設計は「正直価格」を設定しています。

完成してから長く住む家だからこそ、お客様の納得と満足を得るために、正直な説明・見積を提示しているのが特長です。

説明や見積に不明瞭なところがなく、安心して平屋づくりが進められるでしょう。

ちなみに、正直価格を掲げるアイダ設計は、お客様から誤解されない価格設定を前提としているため、価格交渉は受け付けていません。

『良いものは高い』をひっくり返す

住宅性能やデザイン性の高い住まいは費用が高くなるといった常識を覆すために、アイダ設計では、「良い家づくりのための技術」と「無駄なコスト削減のためのノウハウ」を蓄積。

価格にも品質にも満足できるだけでなく、お客様の予算に合わせた提案も行っています。

住宅ローンの返済面で無理のない平屋づくりを計画したいときにも、アイダ設計は選択肢となるでしょう。

自社プレカット工場

アイダ設計は、自社でプレカット工場を保有しているのが特長です。

木材の仕入れと厳格な検査、検査に通過した部材だけをプレカット工場で、ミリ単位のカットをしています。

仕入れや加工を自社で一括して行うことで、コスト削減と高い品質を維持。

現場の作業効率も高くなります。

職人さんの育成にチカラを入れている

アイダ設計は、自社で職人さんの育成に力を入れているのも特長です。

企業の創立以来、「社員大工育成プロジェクト」の取り組みを継続して行っています。

社員大工は入社後、ベテランの大工のもとで実践指導を受けることで大工としての技術とともに、社会人としてのマナーも身に付けていきます。

自社で社員大工を育てることで、未来を担う職人や親方の育成につなげています。

アイダ設計に多く在籍する熟練の技術を持つ職人と、自社の建設担当者による厳正な現場管理によって、品質の高い住まいづくりを実現しています。

アイダ設計の平屋で後悔しないために知っておきたいこと

アイダ設計の平屋はコストパフォーマンスが高く、生活スタイルに合わせて選べる商品プランも豊富にあることが分かりました。

ところが、アイダ設計で平屋を作ったあとに「失敗してしまった」と後悔することがあるかもしれません。

平屋づくりで後悔しないために覚えておきたいポイントを紹介します。

選べるオプションは少ない?

アイダ設計はコストダウンのため、キッチンや浴室などの水回りの設備などは特定メーカーの同一商品を一括で仕入れしています。

そのため、ほかのハウスメーカーと比較すると選べるメーカーやオプションは少なめです。

逆に仕様の選択肢が狭いため「いろいろあると仕様決めで迷ってしまう」という方や、特にオプションにこだわりのない方には選びやすいかもしれません。

平屋でオススメできないオプションは?

アイダ設計の平屋で、特に付けなくても良いオプションを以下にまとめました。

オプション付けなくて良い理由
外壁の超高耐久シーリングシーリングが30年耐久になるが、外壁塗装は10年耐久のままのため、結局10年で外壁のメンテナンスが必要になる
全熱交換システム天井部分に全熱交換システムの設置ができるが、換気にかかる電気代が高くなる

平屋が向かない地域や条件はある?

平屋に向かない地域は「都市部」です。

都市部は土地の価格が高く、広い土地を確保することが難しくなるからです。

さらに、平屋は2階建て住宅よりも外部からの目線が入りやすいため、プライバシーを確保するための工夫が必要です。

外壁を設置する、軒を長くするといったプライバシー確保のための設備についても、土地がせまい都市部では取り付けることが難しいため、都市部で広い土地がない場合、平屋を建てるのは難しいと言えます。

ほかにも、家族が多くて多くの部屋数が必要なときや、2階以上からの展望を楽しみたいときにも平屋は向いていません。

将来的なライフプランも踏まえつつ、自分に合った理想の住宅を考えることが重要です。

アイダ設計以外で平屋に強いローコスト住宅メーカー

アイダ設計以外にも、コストを抑えながら平屋を建てられるハウスメーカーはあります。

いろいろなハウスメーカーを比較検討したい方のために、アイダ設計以外の平屋に強いローコスト住宅メーカーを紹介します。

一建設

「一建設」は飯田グループホールディングスのグループ力を活かし、品質とコストのバランスを考えた住まいづくりを行っています。

自社で一貫して請け負うことで、高品質や高性能、低価格の平屋を実現しました。

調湿や脱臭効果のある「エコカラット」や家族の靴をまとめて収納できる「ウォークインクローゼット」、廊下に設けられた「ファミリークローゼット」など、快適に暮らせる設備や収納が整った平屋づくりができます。

アイフルホーム

「アイフルホーム」はLIXIL住宅研究所が運営するローコスト住宅ブランドです。

フランチャイズシステムによるコストダウンを実現しています。

アイフルホームでは、ネット限定商品の完全規格住宅の「i-Prime7」や、平屋限定プランの「FAVO for HIRAYA」で平屋づくりが可能です。

「i-Prime7」は規格住宅ながら豊富なプランから間取りが選べるため、ライフスタイルや重視したいポイントに合う間取りが見つかれば、お手頃価格で平屋が実現します。

ただし、施工できるエリアが限定されているため希望するエリアに建てられるかどうかを確認しておきましょう。

ヤマダホームズ

「ヤマダホームズ」は注文住宅のほか、リフォームや不動産取り扱いなど幅広い事業を展開しています。

ヤマダホームズの平屋の住まいには、

  • 中庭が住まいの中央にあるプラン
  • 巴型に壁を設置することで室内の圧迫感をなくし、一体感を与えるプラン
  • 玄関までの路を長く作ったプラン など

個性的な間取りプランが幅広く用意されています。

ユニバーサルホーム

「ユニバーサルホーム」は、オリジナルの地熱床システム「ユニバの床」を設けた住まいづくりを手掛けています。

平屋の商品は

  • シンプルで機能的な「フラットワン」
  • リビングと外がつながるテラスを設けた「フラットワイン(JP/PR)」
  • スキップフロアや小上がり和室などのプラスワン空間を設けた「アルファヴィータ」

の3つの商品を用意。

好みの商品プランを選んでの平屋づくりが実現します。

まだ家は建てるな!家づくりの順番を間違えて500万円損するところだった話

家康くん
家康くん

家づくりの記事を熱心に読んでくれてる人にだけ教えてあげたいことがあってさ。

建太郎
建太郎

なんでしょう?

家康くん
家康くん

2年前に注文住宅を買ったウチの姉ちゃんが家づくりの順番を間違えて500万円損するところだった」って言ってたんだよね(※実話です)。

建太郎
建太郎

500万円の損失は痛いですね。

 

平均的な年収で1年働かないと得られない金額ですからね。

家康くん
家康くん

たしかに家づくりってトータルで何千万円の買い物だから、実際に「高級車1台分の失敗もある」って聞くと恐ろしくてさ。

建太郎
建太郎

逆に言うと、「家づくりの正しい手順」「家づくりに役立つ制度」の2つさえ押さえておけば、失敗確率はゼロに近づけられますからね。

 

熱心にこの記事を読んでくださってる方には、家づくりで失敗してほしくないですね。

家康くん
家康くん

ウチの姉ちゃんは、契約直前に失敗に気づいてイチからやり直せたからよかったけどさ、気づかなかったら……

建太郎
建太郎

一年分の収入を失ってましたよね。

家康くん
家康くん

ほんと恐ろしいよな……

 

まあともかく、俺が本当に伝えたいのは、別記事「家づくりの順番を間違えて500万円損するところだった」だけはマジで読んでおいてほしいってことだから。

建太郎
建太郎

僕もこれから読みますね

家康くん
家康くん

お前、読んでなかったのかよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました